事業内容

建物点検

建物点検の目的

建物を保全する目的は、清掃や点検などの日常の維持管理と適切な修繕により施設を健全に運営していくことです。
不特定多数の人が利用する建築物は、構造の老朽化、避難設備の不備、建築設備の作動不良が原因となり大きな事故や災害を招く恐れがあります。

そこで、事故等を未然に防ぎ、建築物等の安全性を確保するために、建築物等を定期的に調査・検査をすることが求められています。

建物点検

メンテナンスリニューアル建築工事

総合的な建築工事からメンテナンスまで

一般家庭からマンション、店舗、オフィスビル、工場、公共施設などのメンテナンス建築工事、リニューアル工事や改修工事など幅広い分野の工事にご対応いたします。

建物の環境をより永く維持するためのあらゆるメンテナンス業務も承っております。

建築工事

建築工事の対応種類

特殊建物調査

特殊建築物調査の目的

建築基準法12条によって定められた、定期報告の義務を根拠とする調査です。
特殊建築物として指定された公共性の高い建築物は、利用者の安全のためにも建築物全体が常に適法状態にあることを定期的に報告することが義務付けられています。

そのために、法令で制度化されたものが特殊建築物調査になります。

特殊建物調査

特殊建築物調査の内容

  1. 敷地・地盤ひび割れや陥没などの損傷具合、排水が正しく行われているかを目視を中心に確認
  2. 建築物の外部基礎や外壁にひび割れ・沈下等の問題がないか、テストハンマーを用いて念入りに確認
  3. 屋上・屋根屋根や屋上の損傷がないか、パラペットや笠木、ドレーンを含む排水周りの状態は問題ないか
  4. 建築物の内部建築基準法にそっているか、防火区画や壁、床、天井などの状態、耐火性能が確保されているか
  5. 避難施設廊下・通路・出入り口・バルコニー・階段等や排煙設備などが建築基準法に適合しているか
  6. その他避雷設備や煙突など、目視によって調査

建物劣化診断工事

建物劣化診断工事とは、建物の健康診断のようなもの。
定期的にお住まいに劣化がないか、外装・外壁を中心とした建物の外観を、プロの診断士が目視や打診を使い入念にチェックをおこないます。

建物の劣化状況をわかりやすくまとめた劣化診断の報告書は、後日早急にお客様の元にご提出させていただきます。
それから、改修工事の内容に反映させ、具体的な工事計画へと入らせていただく流れとなります。

建物劣化診断工事

建物劣化診断時のチェックポイント(例)

外部 擁壁などに亀裂や膨らみがないか、地盤陥没は起きていないか、雨水の排水状況は良好か
屋上、屋根 屋根仕上げ材の不具合や雨漏りの原因となる劣化は発生していないか

電気工事

暮らしを明るく、人々を笑顔に

一般家庭からマンション、店舗、オフィスビル、工場、公共施設など、あらゆる建物の照明器具の取替工事を承っております。

電気工事士の免許を持った専門家が工事を行います。

どのような小さな工事でもお伺いいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

電気工事